2008年10月04日

メンズガードルブランド「HOM」について

近年、メンズガードルなどの男性用下着においてHOM(オム)というブランドが国内でシェアを伸ばしてきているそうです。
このHOMとはどのようなブランドなのでしょうか?

HOM(オム)は1968年、ファッションの本場であるフランス・マルセイユより誕生したブランドです。
当時あらゆる衣類の中で紳士向けアンダーウェアは「ファッション性」とは、縁遠い存在でした。

しかし、HOMは多彩なカラーや奇抜なプリント柄、新しいカッティングデザイン、良質な素材などを導入し、革新的かつ優雅な行動派の男性に圧倒的支持を得ました。
現在、世界各地のマーケットにおけるメンズアンダーウェア売場には、バリエーションに富んだブリーフやトランクスが陳列されるようになりました。
これは、「男性が自分自身のために外から見えない内面を装う」という習慣が定着しつつあるわけですが、このような傾向の先駈けとなったのがこの“HOM(オム)"の誕生なのです。

"HOM(オム)"のオリジナリティや尖鋭的クリエイティビティはファン層を着実に拡大し、現在では世界80ケ国で“HOM(オム)"が発信するファッショントレンドが支持を得ています。

日本人男性は、欧米の男性と比較してシャイで、下着選びなどは母親か奥様まかせになりがちでしたが、これにも異変が起こりつつあるんです。
ファッションに関する情報量増大も手伝い、おしゃれに対する意識の高まり方はアウターだけでなく、メンズガードルなどのアンダーウェアにまでこだわる男性が増えてきています。
トリンプは1994年に日本国内で“HOM(オム)"の販売を開始しました。
斬新なデザインと色使い、着心地の良さなどで着実にファン層は拡大しています。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

おすすめメンズガードル紹介・3分丈、5分丈ボクサーガードル編

近年、男性にもガードルを購入される方が多いそうです。
現在、メンズガードルは様々なブランドからバリエーションに富んだ製品が発売されています。
でも、初心者の方の中には、どれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

今回はオンライン通販ショップ・セシールで見つけた「3分丈、5分丈ボクサーガードル」についてご紹介してみます。

これは、お腹中心部分をしっかり押さえ、バックからたるみ気味のヒップをきゅっとリフトアップする効果があるメンズガードルフル補整タイプです。
5分丈につきましては、人気のロングタイプですので太腿もきっちりとサポートしてくれますよ。

このガードルにはいくつか特徴があるのでご紹介します。

まずは、フロントの腹部が逆三角形のあて布になっており、出っ張りを目立ちにくくしてくれる点。
それから、ヒップのリフトアップは広い幅の当て布により下から上へとサポートする点。
身生地全体が力の強いストレッチ素材ですので、全体をきっちりとサポートしてくれる点。
最後に、履きこみが深いために安定感のある履き心地を実現させ、フロント部は前開きタイプなため取り出しやすくなっています。

このように細かいところまでこだわったガードルとなっています。
興味を持たれた方はオンライン通販などを利用して購入されてみてはいかがでしょうか。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

日本国内におけるメンズガードル事情

メタボリック症候群や内臓脂肪など少し前までは耳にしなかった単語がメディアに取り上げられる今日このごろ。
かつて「男の貫禄」ともいえた突き出た下腹は、今では不健康・はずかしいもの代名詞になりつつあります。

そこでダイエットに着手するものの、仕事や家族サービスなどで時間が取れず、いつのまにかダイエットからも遠のき、相変わらずのぽっこりたるんだお腹・・・なんて方々も多いでしょう。
実はそんな方たちの間でメンズガードルが密かなブームとなっているんです。

ガードルで体形を補整することによって、細身のパンツが履けるのです。
ぽっこりしたお腹を押さえ込み、たるんだお尻の肉を持ち上げ、すっきりウエストときれいなヒップに変身。
どことなく足も長く見えるので不思議です。

ガードルは体形補整のみならず、筋肉をきっちりサポートし、負荷や疲労を軽減してくれるので、腰痛に悩む方々にも広く愛用されています。
メンズガードルは、これまでは一部のオンライン販売などでしか見かけることがありませんでした。
しかし、近年需要が増加していることで、大手女性下着メーカーのトリンプも「HOM(オム)」ブランドで販売されるようになりました。
売り上げも順調に伸びているそうですね。

フランス・マルセイユ発の「HOM」は、男性用のアンダーウェアにファッション性を取り入れ、多くの男性に圧倒的支持を博しているんです。
目立つお腹を隠し、それでいて見えないところでオシャレをする・・・それがぽっこり世代のこれからのトレンドになる日も近いのでしょうか?
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

おすすめメンズガードル紹介・スタイライナー編

近年、男性にもガードルを購入される方が多いそうです。
現在、メンズガードルは様々なブランドからバリエーションに富んだ製品が発売されています。
でも、初心者の方の中には、どれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

今回は「スタイライナー」についてご紹介してみます。

このガードルにはどのような特徴があるのでしょうか。
ひとつずつ見ていきましょう。

まず、ウエストシェイプパネルによってお腹のたるんだ脂肪を支えてくれます。
お腹部分にはパワーネットパネルを裏打ち。
これによってぽっこり下っ腹をきっちりと押さえ込みます。
また、ヒップアップパネルがたれてしまったお尻の肉をしっかり持ち上げ、きゅっとしたきれいなヒップラインを作ります。

履き心地も追求されています。
ポリウレタンを芯にして、ナイロンが表面に、そして綿が肌面にくるよう編み上げているんです。
吸湿性が高く、ソフトな肌触りを実現し、 補整力がありつつも締め付けすぎずにさらっとした肌触りです。

デザインにもこだわりをみせています。
男性の股間部はメッシュ加工によって通気性に優れています。
そしてカラーは、スタイリッシュに見えるブラックです。
また、スタイライナーの素材にはゲルマニウム入りのものを採用しています。

皆さんもこのスタイライナーでジーンズやスーツをよりスマートに着こなしてみてはいかがでしょうか。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

おすすめメンズガードル紹介・バッチリホールドメンズひきしめガードル編

近年、男性にもガードルを購入される方が多いそうです。
現在、メンズガードルは様々なブランドからバリエーションに富んだ製品が発売されています。
でも、初心者の方の中には、どれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

今回はKITORAの「バッチリホールドメンズひきしめガードル」についてご紹介してみます。

このガードルは、ヒップ部のパワーネットによってヒップアップ効果は抜群です。
素材は伸縮性に優れた生地を使用しています。
さらには、ヒップアップ効果抜群なパワーネットを後ろに配置しています。
実際に履いてみればその「ヒップを持ち上げている感覚」を実感いただけるかと思います。
ヒップの位置が上がることにより、足が長く見える効果もあり、スタイリッシュな体型になると思います。
タイトシルエットでフィット感もよいものがあると思いますよ。

デザインはバラ柄プリントのタトゥー風ウエストゴムを使用しているのでなかなかお洒落ですね。
補整下着というものはデザインよりも機能重視といったカッコ悪い物を想像してしまいがちな方もおられるかもしれません。
しかし、このガードルはその既成概念を見事に打ち破り、デザインと機能を高い次元で融合させたボクサータイプガードルとなっています。

しかも、カラーバリエーションが4カラーあるのも嬉しいですよね。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

おすすめメンズガードル紹介・深VネックガードルTシャツ編

近年、男性にもガードルを購入される方が多いそうです。
現在、メンズガードルは様々なブランドからバリエーションに富んだ製品が発売されています。
でも、初心者の方の中には、どれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

今回はKITORAの「深VネックガードルTシャツ」についてご紹介してみます。

メンズガードルはなにもパンツタイプのものだけではありません。
Tシャツタイプのものもあるんです。
KITORAより深VネックのTシャツタイプのガードルがリリースされました。

これは、名前の通り深Vネックですので、ビジネス用インナーとしても力を発揮してくれること間違いなしです。
例えば、第一ボタンを開けていてもインナーがのぞかないよう、普通のVネックより最下部を下に配置しているんですね。
これによりシャツのインナーに最適だと思いますよ。

前身のお腹部分には強力なパワーネットを張り巡らせており、ギュッとお腹の余分な脂肪を押さえてくれます。

カラーについてですが、洗い替えを考え、なんと6色のカラー展開となっています。
これカラーバリエーションの豊富さはとてもありがたいですね。

今までの補整下着において、ありそうでなかなか実現しなかった「ガードルTシャツ」をお見逃し無く!
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

メンズガードル「スタイライナー」の使用について

メンズガードルには様々な種類のものがありますが、数あるメンズガードルに中に「スタイライナー」という製品があります。
この製品は、確かな補整力と快適な履き心地がウリの優れたメンズガードルの中のひとつなのですが、より効果を発揮させるための正しい使用方法や使用上の注意について書いてみます。
スタイライナーをすでにお持ちの方、これからスタイライナーの購入を考えている方は参考にしてみてください。

まず、スタイライナーの使用方法です。
普段使っている下着の上からスタイライナーを履き、股部に隙間が出来ないことを確かめてから、2〜3回ほど屈伸をしましょう。

より快適に使用される場合、そのままスタイライナーを履いて下さい。
その場合は、より清潔に使用するために、2〜3着ほどの洗い変え用をお持ちいただいて、毎回洗濯するようにしましょう。
繊維がくたびれてきたなあと感じたら新規に購入することをおすすめします。

続いて、使用上の注意に関してです。
未成年や妊婦の方の場合、肌にアレルギーなどを持っている方は、様子を見て異常がでてしまったら使用を直ちに停止し、医師などに相談するようにしてください。
洗濯は、生地を傷めないためにできるだけ手洗いをお薦めします。
洗濯機で洗う際は、洗濯ネットに入れ、弱モードで洗ってください。
また、多汗症の方については、腰や太腿のムレを多少感じる場合があります。

以上のことを知っておき、スタイライナーの効果を大いに体感してください。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

「HOM」の新発想メンズガードル・骨盤のきもち発売!

最近日に日に国内でも注目度を増してきているメンズガードルですが、最近、また魅力的な新製品が発売されました。

それが、トリンプが取り扱うフランス発・メンズアンダーウェアブランドである「HOM(オム)」より発売された『HOM 骨盤のきもち』です。
これは、Z-MON治療院の寺門琢己先生との共同開発によって生まれた、骨盤の開閉運動をサポートするメンズガードルなんです。
開発チームは、体のラインやメンタルのバランスに影響を与えるという骨盤の開閉運動に目を向けました。
そして、腰の要部をきっちりと押さえ、骨盤の安定感をサポートすることによって、ボディラインのみならず、体のリズムを考えるという新発想のガードルというわけですね。

骨盤の開閉運動が体のラインやメンタルのバランスにとって非常に重要なのは、なにも女性だけではなく男性にもあてはまることなんです。
例えば、メタボリック症候群なども骨盤の開閉運動と深い結びつきがあるんですね。
メタボリック症候群の方の多くは、開閉運動が円滑に行われずに、そのため骨盤が開いてしまう傾向にあります。
これが開閉運動が円滑に行われるようになってくると、その開いてしまう傾向は緩和されると言われています。
ゆえに男性の体にとって骨盤の開閉運動はとても重要なのです。

その開閉運動を「骨盤のきもち」によってサポートしていくというわけですね。
この新発想メンズガードルがどれだけ受け入れられるのか注目です。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

「HOM」の新メンズガードル・骨盤のきもちの特徴

今年に入ってから「HOM」から「骨盤のきもち」というメンズガードルが発売されました。
では、この「骨盤のきもち」には具体的にどのような特徴があるのでしょうか?

HOM『骨盤のきもち』の最大の特徴は骨盤の動きを考え、開発された仙骨クッションと丹田ベルトです。
骨盤を前後(前が丹田ベルト、後ろが仙骨クッション)から挟み押さえることによって開閉運動をサポートしてくれます。

まず、仙骨クッションについて簡単に説明してみましょう。
仙骨にあたる箇所には、内部にボーン(骨のようなものですね)を入れたクッション性がある素材の仙骨クッションを採用しています。
開閉運動の軸となる仙骨をこのボーンで支えることによって、仙骨の形がしっかり整い、開閉運動がスムーズになる効果があるんです。
また、仙骨クッションによって仙骨を温めると、仙骨から脳脊髄までを循環している「髄液」(神経伝達物質分泌液です)の循環がよくなります。

次に丹田ベルトについてです。
フロントの内側に幅広テープをクロスさせた丹田ベルトは、体のバランスに大きな影響を与えているというツボ、ヘソから指3本分ほど下の丹田をしっかり押さえるために採用。
この丹田ベルトによって、下腹部に圧力がかかって、インナーマッスルが鍛えられるのです。
骨盤の開閉運動については、インナーマッスルの伸縮運動によって行われるので、インナーマッスルが鍛えられていると必然的に開閉運動もスムーズになるんです。
また、着脱のときに丹田ベルトのねじれが気にならないように、内側にパワーネットをつけています。

ここまで読んでいただけただけでも、このメンズガードルの斬新さがある程度分かっていただけたかと思います。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

「HOM」のメンズガードルシリーズまとめ

男性用下着ブランド「HOM」は、これまで「女性だけのもの」という印象があった補整インナー界に一石を投じました。
それが、眼からウロコの発想で世の男性たちの要望に応え、メンズガードルなどの補整インナーブームの火付け役となった『ロングガードル』シリーズです。
そのロングガードルシリーズも早いもので07年12月に第5弾が発売されました。

では、これまでのロングガードルシリーズを簡単にまとめてみましたので、ご覧下さい。


第1弾・06年2月発売・タイプは普通、ヒップハンガーの2タイプ・サイズはM、Lの2サイズ・ カラーはブラック、レンガ。

補整下着ブームの先駆けとなった商品ですね。

第2弾・06年6月発売・普通、ヒップハンガーの2タイプ・サイズはM、Lの2サイズ・カラーはブラック、シルバー。

夏に向け通気性に優れたメッシュ素材を採用しています。

第3弾・06年8月発売・普通、ヒップハンガーの2タイプ・サイズはM、L、LLの3サイズ・カラーはブラック、ベージュ。

伸縮性のよい素材を採用しています。

第4弾・07年5月発売・普通タイプ・サイズはM、L、LLの3サイズ・カラーはブラック、シルバー。

お腹押さえに特化されています。

第5弾・07年12月発売・ 普通タイプ・サイズはM、L、LLの3サイズ・カラーはブラック、ブラウン。

新作はヒップアップに特化したものになっているようですね。

今後もリリースされるであろうHOMのメンズガードルにこれからも注目していきたいところです。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ