2008年10月04日

近年注目を浴びるメンズガードル

世の中には男性用のガードル(メンズガードル)なる物が、市販されているそうです。
しかもこのメンズガードル、近年になってきて売り上げを伸ばしてきているのだとか。

最初に製造したのは、滋賀県の下着メーカーだそうです。
補整下着は女性用のものもありますが、女性用と男性用の違いは、前に横方向の割れ目の有無の違いのようです。
なぜブリーフと違って横割れなのかは、縦割れですと下腹部のパワーネットの効果が無いんですね。

でも、私の行動範囲の西友や平和堂、ユニクロでは、未だかつてメンズガードルは見たことがありません。
売り上げを伸ばしてきているとはいえ、まだまだ知名度は薄いようです。
インターネットでは楽天などで売られているようですね。

世の中の中年世代だって、キュッと上がったお尻や出っ張っていない下腹に憧れを抱いているはず・・・と思うのは、私だけでしょうか?
まだそれほどメンズガードルの知名度が高くないのは、中年の方々が、単に半ば諦めているのか、独特の締め付け感を嫌うのか、または、お腹の出を恰幅が良いと勘違いしているのか・・・。
でも、これからもっと注目されていくような気もしますけどね。

私はというと身長176cm・体重67kgくらい・W76の一応は標準体型です。
B・Hは計った事がありません(おそらく95くらいでしょうか?)

でも、鏡で若干出つつある下腹を見る度に、世の女性が補整下着を身に着ける乙女心というものが、痛いほどわかりますね・・・。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

おすすめメンズガードル紹介・ロングガードル編

現在、メンズガードルは様々なメーカーから様々な種類のものが発売されています。
でも、最初はどれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方は是非参考にしてみてください。

今回は大手下着メーカーのトリンプの「ロングガードル」について書いてみますね。

ロングガードルは紳士用下着ブランドの「HOM」名義での販売となっています。
同社が「見た目での抵抗がなく、かつ年齢を問わない着用が可能」と謳っている通り、ひざ上までのロングタイプでまるでスパッツのようなスポーティーな外見が特徴ですね。

しかし、素材は女性用と同じで締め付け力が強い生地を使用していて、熱処理やギャザー寄せによって立体的なヒップラインが実現できるよう加工されています。
また、下着のラインが出ないように、足口は段差が生じにくい切りっぱなしのヘム仕様を施すなど、なかなか本格的なものになっているんです。
サイズはMとLがあり、カラーは黒とレンガの2色、股上の浅いヒップハンガータイプと通常のスタンダードタイプの2タイプが販売されています。

「男性の装いに対する意識が高まりつつある中、男性のニーズに応える商品」というトリンプの狙いはピタリと当たり、このロングガードルは20代から中年の男性を中心に支持を得ています。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

おすすめメンズガードル紹介・5分丈ガードルおなかシェイプタイプ編

現在、メンズガードルは様々なメーカーから様々な種類のものが発売されています。
でも、最初はどれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方は是非参考にしてみてください。

今回は大手下着メーカーのトリンプの「5分丈ガードルおなかシェイプタイプ」について書いてみますね。

このガードルは高いファッション性を誇るトリンプならではの機能性に優れた話題の男性向けガードルです。

特徴はどのようなものがあるのでしょうか。
まず、立体的な裁断、縫製ですから、ヒップアップをしつつも、引っ込めるところはきっちりサポートをしてくれます。
足口は1枚仕立てのヘム仕様になっており、アウターに下着のラインが響きにくいという利点もありますね。

また、肌触りはつるつるとしていて心地よいものがあります。

ウエスト部分はHOM(マルセイユで誕生した男性下着ブランド)のロゴが入ったテープが施されているようです。

ちなみに、ローウエストにも対応しているヒップハンガータイプとなっています。
1枚履きタイプですので、下にパンツを履く必要はありません。

素材は、ナイロンが60%、綿が25%、ポリウレタンが15%となっています。
サイズはM/Lの2種類が用意されていて、はきこみ丈は浅めです(ヒップハンガータイプ)。

なお、このガードルにはカンガルーポケット付きタイプもあります。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

おすすめメンズガードル紹介・ロングガードル(ヒップハンガータイプ編)

現在、メンズガードルは様々なメーカーから様々な種類のものが発売されています。
でも、最初はどれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方は是非参考にしてみてください。

今回は大手下着メーカーのトリンプの「ロングガードル・ヒップハンガータイプ」について書いてみますね。

この製品は高いファッション性をもったトリンプならではの機能性に優れた話題の男性向けガードルです。
このロングガードルには、スタンダードタイプもあるのですが、今回はヒップハンガータイプについて説明してみます。

このガードルの特徴ですが、まず、身生地は薄く延びる素材を採用しています。
ヒップ部は、モールド加工とギャザーを寄せることにより立体的なヒップを演出しています。
足口は1枚仕立てのヘム仕様なのでアウターに下着のラインが響くことはありません。
また、1枚履きタイプですので、下にパンツを履く必要もありません

肌触りはつるつるとしていて心地よいものがあると思います。
ウエスト部分はHOM(フランスの男性下着専門ブランド)のロゴが入ったテープが入っています。
ローウエストに対応したヒップハンガータイプとなっています。

なお、素材はナイロンが80%、ポリウレタンが20%となっています。
はきこみ丈は浅めで、サイズはM/Lが用意されています。

興味がある方は是非試してみてください。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

おすすめメンズガードル紹介・ロングガードル(スタンダードタイプ編)

現在、メンズガードルは様々なメーカーから様々な種類のものが発売されています。
でも、最初はどれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方は是非参考にしてみてください。

今回は大手下着メーカーのトリンプの「ロングガードル・スタンダードタイプ」について書いてみます。

この製品は、高いファッション性をもったトリンプならではの機能性がウリの話題の男性向けガードルです。
このロングガードルには、このスタンダードタイプの他にヒップハンガータイプもあるのですが、今回はスタンダードタイプについて触れてみますね。

このガードルの特徴は、まず、身生地は薄く延びる素材を採用しています。
ヒップ部は、モールド加工とギャザーを寄せ、これによって立体的なヒップを演出してくれますよ。
足口は1枚仕立てのヘム仕様になっており、アウターに下着のラインが響かないのがいいですね。
また、1枚履きタイプなので下にパンツを履く必要もありません。
ウエスト部分は生地を折り返しているので、これによって圧迫感を少なくしています。

素材に関しては、ナイロンが80%、ポリウレタンが20%となっています。
はきこみ丈は普通で、サイズはM/Lの2サイズが用意されています。

興味がある方は是非お試しになってみてください。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

おすすめメンズガードル紹介・スロギーメン99ソフトガードルボクサー編

これからは女性だけではなく、男性もガードルを身に着ける時代です。
現在、メンズガードルは様々なメーカーから様々な種類のものが発売されています。
でも、初心者の方の中には、最初はどれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

今回は大手下着メーカーのトリンプ(Sloggi men<スロギーメン>)の「スロギーメン99ソフトガードルボクサー」について書いてみますね。

この製品の特徴についてですが、まず、おなかとヒップをキレイに、かつカッコ良く整えてくれます。
また、デザインはシンプルなものになっているソフトガードルなので、どなたでも気軽に着用しやすいのはいいですね。
きっと大活躍してくれることだと思いますよ。

それから、裾とウエスト部分は切りっぱなしのヘム仕様なので、アウターにひびきにくいのは嬉しい点ですね。

素材ですが、ナイロンが55%、ポリウレタンが25%、綿が20%となっています。
サイズはM/Lの2サイズが用意されており、前あきのものはありません。
カラーはブラック、ブルー、ベージュの3カラーがあります。

価格は2000円以下なのでお求めやすいのも嬉しい点ですよね。
興味をもたれましたら、是非お試しになってみてくださいね。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

メンズガードルを買う際に注意すべき点

メンズガードルは、近年、体型を整えたい中年男性などを中心に売り上げを伸ばしてきています。
ただ、メンズガードルを買ってみたはいいが、イマイチ自分に合わなかったため失敗した・・・という声もよく聞かれます。
では、メンズガードルを買う際に注意すべき点はどのようなものがあるのでしょうか?
それについて少し書いてみたいと思います。

まず、食事の際に起こる微妙な体型の変化によって、苦しくなってしまうようなものは、とてもではありませんが健康性に優れた補整下着とは言えませんよね。
食事のときにも着用したままで苦しさを感じない補整下着かどうかチェックしましょう。
補整下着の運動性は通常の下着よりもややシビアに設計されているんです。
窮屈な補整下着に体を押しこむ状態が長く続いてしまうと、体型を崩してしまうだけでなく、健康にも害がありますからね。
たとえ小さな差異であっても、サイズが合わない補整下着を着用していると時間の経過につれて悪影響が出てくるものなんです。

ラインナップの少ない販売店で、自分の体にフィットするサイズのものが無かった際に、それに近いもので妥協してしまうのは、適合性が高い補整下着とは言えないです。
まずは何が不満なのか、そして、それをどうしたいのかをしっかりと定めましょう。
自分はそのために何が足りないのかをしっかりと認識することが大切です。

以上のことを注意して、自分に合ったガードルを見つけるようにしてくださいね。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

ワコールのメンズガードルについて

ワコールというと女性用下着というイメージが強いと思います。

そんなワコールが、着用して歩くと運動量が増え、お尻やお腹の引き締め効果が期待できるメンズガードルのような男性用下着を発表したんです。
婦人下着大手のワコールも男性下着市場ではシェアは1%程度。

メタボリック症候群に注目が集まっている近年、体形を意識する男性がより一層、増えると見込まれているなか、新機能をウリに販売増を狙っているようですね。

気になる商品は「exwalker(エクサウォーカー)」というそうです。
これは、ひざ上からおしりにかけ、全体を包むメンズガードルのような形をしていて、太ももの前部に弾力性が強い素材をX字形に組み込んでいます。
足を前に出す際に太ももの筋肉を刺激することによって、ひざが伸びて歩幅が広がるので、運動量が増えるというのです。

ワコールの男性社員ら約40人が週5日以上着用してみたところ、3カ月で7割の人の体重が減少し、9割の人が体脂肪率が減ったそうです。
ウエストも8割の人が細くなったとのこと。

この製品は、08年からメタボリック症候群などに着目した保健指導や特定健診が始まるのを前に、年明けより企業の健康保険組合を通じ販売されます。

ワコールは女性用下着において、「おなかウォーカー」など同様の商品を約600万枚販売しています。
おなかウォーカーは5〜6千円ですが、このエクサウォーカーの販売価格はそれより安くなるそうですね。
気になる店頭での販売は08年春からを予定しているようです。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

おすすめメンズガードル紹介・アンダーウエアヘムボクサー編

これからは女性だけではなく、男性もガードルを身に着ける時代です。
現在、メンズガードルは様々なメーカーから様々な種類のものが発売されています。
でも、初心者の方の中には、最初はどれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

今回はSHAPERSの「アンダーウエアヘムボクサー」についてご紹介してみます。

これは、着用した瞬間に体をナチュラルに整えて、理想のボディラインを実現させてくれる最新テクノロジーから生まれたインナーです。

体にピタッとフィットするインナーによって、シャープなボディラインのデザインを可能にしてくれます。
ポイントは太もも裏のクロスラインですね。
クロスライン設計によって、たるんだヒップをプッシュアップしてくれ、理想のヒップラインが手に入りますよ。

他にも、ウエストはパワーネットが腰をサポートしたり、サイドは脇のラインを綺麗にシェイプします。
足口部分はアウターにひびきにくい仕様になっているのも特徴です。

カラーについては、ブラック×グレー、ブラック×ブラックの2カラー展開。
サイズはM・Lの2サイズを展開しています。

価格は5000円前後となっているようです。

興味を持たれた方は是非お試しになってみてくださいね。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ

おすすめメンズガードル紹介・エルフコムのメンズガードル編

近年、男性にもガードルを購入される方が多いそうです。
現在、メンズガードルは様々なブランドからバリエーションに富んだ製品が発売されています。
でも、初心者の方の中には、どれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

今回はエルフコムのメンズガードルについてご紹介してみます。

このエルフコムのメンズガードルは、腰部をしっかりサポートして負担を分散してくれます。
ハイウエスト(胃の部分まできます)がたるみがちなお腹やお尻を包んでくれます。
トイレ(小用)も身に着けたしたままなのが嬉しいですね(ポケットが付いています)

また、通気性に優れ、弾力性があり、動きもスムーズなので、ゴルフなどスポーツ時にも最適ですね。
胃部まで覆う履きこみ丈、そしてお腹から背中まで被うパワーネットにより、お腹をしっかりと押えます。

膝上まで伸びた足口によって、ヒップからトータルにシェイプするので足をすっきりと長く見せる効果もあります。
立体裁断でヒップ部に位置をキープするため、履いていることを忘れてしまう感じです。
前後左右には計4本のスパイラルボーンがあり、体に掛かる負担は最小限となっています。
ここでいうスパイラルボーンとは、ソフトな細い金属の紐を、コイル状に細かく巻き板状に仕上げたもののことです

驚くべき伸縮性を利用したこのガードルは、履き心地の良さと自由な動きに加え、立体的なシェイプを実現し、体に沿ったスリムかつスタイリッシュなファッションを約束してくれます。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:38 | TrackBack(0) | 下着・メンズ